奨学金制度とローン

ご存じない方もいるかもしれませんが、専門学校にも奨学金制度はあります。公的な奨学金制度のほか、専門学校が独自に用意している奨学金制度もあります。奨学金というと返済の負担が大きく支払えなくなった人が増加していることが問題視されており、長期間にわたり高額なお金を返し続けていくものと認識している人は多いでしょう。

たしかに、長年にわたり毎月一定額を返済していく奨学金があり、利子が発生するものもありますが、返済不要で利子が発生しない奨学金もあります。給付や貸与の条件は成績、公務員一次試験合格、家計、兄弟姉妹が同じ専門学校にいること、特定の資格取得などさまざまです。専門学校を選ぶ際にはどういう奨学金があるか、また基準を満たせるものはないか探してみることをおすすめします。

奨学金制度のほかには、提携教育ローンを用意している専門学校もあります。これは入学金、授業料、教材費といった、学校に支払う必要のあるお金を借りて、分割払いをしていくものです。利用金額はローンによって異なり、多くの場合は保護者が申し込み対象になっていますが、学生の連帯保証人に保護者がなる形で、学生まで申し込み対象に含まれているケースもあります。

奨学金制度では返済が不要なもの、金利が発生しないものもあるのに対し、ローンは返済が必要なのはもちろんのこと、金利も発生します。返済は自動振替などがあり、毎月決まった日に引き落としが行なわれることが多いです。

学校見学や体験入学をする

各校のホームページや入学案内書、資料、パンフレットを取得して情報収集を行ない、候補を何校かピックアップしたら、学校見学や体験入学を行ないましょう。見学や体験入学は常に行なわれているわけではなく、日時が決まっていることが多く、また事前の申し込みを行なわなければいけないことも多いため、確認して必要な場合には見学や体験入学、オープンキャンパスのための手続きを済ませます。

学校自体だけでなく、学生寮の見学を行なうことも可能な専門学校も多いです。交通費の支給や入学試験選考料の減額など、参加に付加価値を見出している学校も見られます。

見学や体験をすることによって、入学案内書や資料、パンフレットでは知ることのできない、リアルな学校の情報が得られます。建物、設備・施設は現物を見ることができますし、通っている在校生の様子も見ることができます。

職員や教師による校舎や設備、施設、公務員試験に関する説明を聞くこともでき、不明点は気軽に質問することが可能です。事前に資料に目を通しておいて、聞きたいことをまとめておくと見学や体験に行った専門学校への理解が深まるでしょう。なお、学校見学や体験入学、オープンキャンパスは複数の専門学校で経験し、最終的に本命を絞り込みましょう。

Copyright 専門学校に通って公務員の資格取得を目指す 2018
Tech Nerd theme designed by Siteturner